#author("2017-01-11T01:15:10+09:00","Group2","Group2") hidekiwiki


にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村 にほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ
にほんブログ村

routeコマンド

routeオプション

オプション 説明 オプション無し ルーティングテーブルを表示

  • n ホスト名を名前解決せずに、IPアドレスで表示

ルーティングテーブルの項目

項目 説明 Destination 宛先のネットワークもしくはホスト名 Gateway ゲートウェイのアドレス 「*」は設定されていない Genmask 宛先のサブネットマスク ゲートウェイは「0.0.0.0」 Flags 経路の状態 U:経路が有効 H:宛先はホスト G:ゲートウェイを使用 !:経路は無効 Metric

宛先までの距離  

Ref

ルートの参照数 

Use

経路の参照回数 

Iface この経路を使うネットワークインターフェース

digコマンド

dig ホスト名もしくはドメイン名 検索タイプ

指定したホスト名、ドメイン名の情報をDNSサーバに問い合わせる。知りたい情報は検索タイプで指定できる。問い合わせた内容は「QUESTION SECTION:」、回答は「ANSWER SECTION:」が表示される。

dig @検索に使用するDNSサーバ名 ホスト名もしくはドメイン名

使用するDNSサーバを変更する場合は、「@」に続けてDNSサーバをを指定する。

検索タイプ 説明 a IPアドレス any すべての情報 mx メールサーバの情報 ns ネームサーバの情報 soa soaレコード

dig -x IPアドレス

IPアドレスから検索を行う。「in-addr.arpaドメイン名空間」からIPアドレスを検索する。

digコマンドは「/etc/resolv.conf」ファイルの「nameserver」で指定されたDNSサーバが使用される。

*host host オプション ホスト名もしくはIPアドレス

DNSサーバに問い合わせてホスト名からIPアドレス、IPアドレスからホスト名を変換する

オプション 説明

  • a すべての情報を表示

hostコマンドは、「/etc/resolv.conf」ファイルの「nameserver」で指定されたDNSサーバが使用される。

mtrコマンド

mtr オプション ホスト名もしくはIPアドレス

一定時間ごとに表示を書き換えて、指定したホストまでの経路が、ルータのホスト名もしくはIPアドレスで表示される。 一番上に自分自身に近いルータ、最後の行に指定したホストが表示される。 表示された番号よりも、ひとつ少ない数が経路の途中にあるルータの数になる。

nkfコマンド

nkf オプション 変換するファイルのパス

オプション 説明

  • j JISコードに変換する
  • e 日本語EUCコードに変換する
  • s Shift-JISコードに変換する
  • w Unicode(UTF-8)コードに変換する
  • Lu 改行コードをLFに変換する
  • Lw 改行コードをCR+LFに変換する
  • Lm 改行コードをCRに変換する

出力は標準出力に送られるので、ファイルに保存したい場合はリダイレクト「>」を使用する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-11 (水) 01:15:10 (218d)