#author("2017-01-11T01:29:37+09:00","Group2","Group2") hidekiwiki


muninを利用し、複数台のサーバを監視する方法

□munin-server側の環境
OS            :CentOS release 5.7
IPアドレス    :192.168.3.99
ホスト名      :namesever.com
■node(監視対象サーバ)の環境下
OS            : CentOS release 6.2 (Final)
IPアドレス    : 192.168.3.100
ホスト名      :namesever.com

前提条件

※muninを動作させるには、収集サーバ側にはapacheがインストールされていることが条件となります。 エージェントのみ動作させる場合は、apacheはいりません

MRTGよりも比較的に簡単にインストールや設定ができて、 ネットワークトラヒックやシステムの状態などを監視することができるアプリケーションです。

■まず、munin-node側の設定。

Fedoraプロジェクトが提供するRHEL用にビルドされたスペシャルパッケージを 配布するEPELも追加します。

◇yum レポジトリ追加
wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
rpm --import RPM-GPG-KEY-EPEL-6
rm -f RPM-GPG-KEY-EPEL-6
vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
# 以下の内容で新規作成
[epel]
name=EPEL RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0

# 他リポジトリとのパッケージの競合をさけるため、enabled=0 として普段は読まないようにしておく

# 上記リポジトリを使用してインストールする場合は、以下のようにコマンド入力

インストール前に、念のためパッケージを確認。
yum list --enablerepo=epel | grep "munin-node"
以下でインストール。
yum --enablerepo=epel -y install munin-node
依存関係で以下パッケージが、インストールされます。
======================================================================================================================= ======================================
Package                                     Arch                             Version                                    Repository                      Size
======================================================================================================================= ======================================
Installing:
munin-node                                  noarch                           1.4.6-4.el6.2                              epel                           372 k
Installing for dependencies:
munin-common                                noarch                           1.4.6-4.el6.2                              epel                            68 k
perl-Crypt-DES                              x86_64                           2.05-9.el6                                 epel                            19 k
perl-Digest-HMAC                            noarch                           1.01-22.el6                                base                            22 k
perl-Digest-SHA1                            x86_64                           2.12-2.el6                                 base                            49 k
perl-IO-Multiplex                           noarch                           1.13-1.el6                                 epel                            24 k
perl-Net-SNMP                               noarch                           5.2.0-4.el6                                epel                           100 k
perl-Net-Server                             noarch                           0.97-7.el6                                 epel                           142 k
sysstat                                     x86_64                           9.0.4-18.el6                               base                           224 k
自動起動の設定がされていないため、以下自動起動を設定
chkconfig --list | grep munin
munin-node      0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
自動起動設定
chkconfig munin-node on
自動起動設定を確認
chkconfig --list | grep munin
munin-node      0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
■node(監視対象サーバ)側サーバ側
/etc/munin/munin-node.conf
host_name namesever.com
allow ^192\.168\.3\.100$
保存後、以下で起動
/etc/init.d/munin-node start
□munin-server側サーバ側(muninのパッケージ)が必要になります。
パッケージのインストール。
yum -y install munin
インストール後、/etc/munin/munin.confファイルに以下内容を追記。
[namesever.com]             ####適宜変更してください#######
    address 192.168.3.100  #### node(監視対象サーバ)側のIPアドレス※環境に合わせて変更してください####
    use_node_name yes
/etc/munin/munin-node.conf
allow ^192\.168\.3\.99$
保存後、以下で起動。
/etc/init.d/munin-node start
自動起動の設定がされていないため、以下自動起動を設定
chkconfig --list | grep munin
munin-node      0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
自動起動設定
chkconfig munin-node on
自動起動設定を確認
chkconfig --list | grep munin
munin-node      0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

yumでインストールすると、Apache用の設定ファイルである 「/etc/httpd/conf.d/munin.conf」 が自動的に作成されます。

アクセス制限をしたい場合は、変更してください。(httpのアクセスの場合)

#ScriptAlias /munin/ /var/www/munin/
<Directory /var/www/munin/>
   order deny,allow
   allow from 192.168.3.100
   allow from 192.168.3.99
   deny from all
</Directory>

アクセス制限を設定した場合は、以下にてWebサーバの再起動が必要です。

/etc/rc.d/init.d/httpd restart
また、私の環境下では、/etc/cron.d/muninにCronのファイルがあり、
#
# cron-jobs for munin
#
#MAILTO=root
*/5 * * * *     munin test -x /usr/bin/munin-cron && /usr/bin/munin-cron

のように記載があります。root宛のメールがいらないので、以下のようにしました。

*/5 * * * *     munin test -x /usr/bin/munin-cron && /usr/bin/munin-cron > /dev/null
**動作確認
ブラウザに以下URLを入力し、アクセスし動作確認。標準だと5分に一回グラフが取得できます。
http://[サーバのIP]/munin/

正常に取得できた場合は、以下のようになります。 http://fukumoto-tech.serveblog.net/gazou/Munin.JPG


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-11 (水) 01:29:37 (280d)