タグ : 設定

glibc ライブラリの脆弱性 (CVE-2015-7547) について

概要
glibc ライブラリにはバッファオーバーフローの脆弱性 (CVE-2015-7547) があります。
本脆弱性を使用された場合、遠隔の第三者によって、任意のコードを実行されたり、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃が行われたりするなどの可能性があります。
対象
– glibc 2.9 およびそれ以降のバージョン

OS glibcのバージョン 影響 修正済みバージョン
RHEL(CentOS)5系 glibc-2.5 なし
RHEL(CentOS)6系 glibc-2.12 あり glibc-2.12-1.166.el6_7.7
RHEL(CentOS)7系 glibc-2.17 あり glibc-2.17-106.el7_2.4

 glibcのバージョン確認方法(アップデート前の確認)
rpm -qa | grep “glibc”

CentOS6の場合の実行結果


[root@testsever ~]# rpm -qa | grep “glibc”
glibc-2.12-1.149.el6_6.9.i686
glibc-common-2.12-1.149.el6_6.9.i686
glibc-devel-2.12-1.149.el6_6.9.i686
glibc-headers-2.12-1.149.el6_6.9.i686



glibcのアップデート方法

※実行前に、必ず影響等を考慮した上で実行してください。
     自己責任でお願いします。
yum update glibc


[root@testsever ~]# yum update glibc
読み込んだプラグイン:downloadonly, fastestmirror, priorities
更新処理の設定をしています
Determining fastest mirrors
epel/metalink | 3.4 kB 00:00
* base: ftp.iij.ad.jp
* epel: ftp.jaist.ac.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* rpmforge: ftp.riken.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
base | 3.7 kB 00:00
epel | 4.3 kB 00:00
epel/primary_db | 5.0 MB 00:21
extras | 3.4 kB 00:00
rpmforge | 1.9 kB 00:00
updates | 3.4 kB 00:00
updates/primary_db | 3.7 MB 00:10
varnish-3.0 | 951 B 00:00
依存性の解決をしています
終了していない残作業があります。それらを終了するために、まず yum-complete-transaction の実行を検討すべきかもしれません。
プログラム yum-complete-transaction は yum-utils パッケージ内で見つかりました。
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package glibc.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
–> 依存性の処理をしています: glibc = 2.12-1.149.el6_6.9 のパッケージ: glibc-devel-2.12-1.149.el6_6.9.i686
–> 依存性の処理をしています: glibc = 2.12-1.149.el6_6.9 のパッケージ: glibc-common-2.12-1.149.el6_6.9.i686
–> 依存性の処理をしています: glibc = 2.12-1.149.el6_6.9 のパッケージ: glibc-headers-2.12-1.149.el6_6.9.i686
—> Package glibc.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package glibc-common.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
—> Package glibc-common.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
—> Package glibc-devel.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
—> Package glibc-devel.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
—> Package glibc-headers.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
—> Package glibc-headers.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
–> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

==================================================================================
パッケージ アーキテクチャ バージョン リポジトリー 容量
==================================================================================
更新:
glibc i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 4.3 M
依存性関連での更新をします。:
glibc-common i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 14 M
glibc-devel i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 987 k
glibc-headers i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 623 k

トランザクションの要約
==================================================================================
アップグレード 4 パッケージ

総ダウンロード容量: 20 M
これでいいですか? [y/N]y


 glibcのバージョン確認方法(アップデート後の確認)
rpm -qa | grep “glibc”

 

反映方法
OS全体の再起動を強く推奨します。

参考サイト一覧

glibc ライブラリの脆弱性 (CVE-2015-7547) に関する注意喚起

glibc にバッファオーバーフローの脆弱性

CVE-2015-7547のRedHat/CentOS系

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

No-IPのDDNS自動更新設定

No-IPを利用して、自宅でブログを書いてますが、DiCE等では更新頻度がいまいちで、別のソフトがないかを確認したところ
No-IP自体が提供している便利なツールがありましたので設定方法を載せます。

前提として、NO-IP自体のアカウントの発行ができている前提になります。

noiptop

1.画面上のダウンロードボタンを選択します。

noip02

2.「Download Now」ボタンを選択すると、ダウンロードされるのでインストールを開始します。

noip

3.インストールが完了すると上のような画面が出るので、ログインユーザ名、パスワードを入力。

noip2

4.更新対象のドメイン選択し、[Save]ボタンを選択

noip3

5.完了すると上の画像のようになります。更新間隔を確認するため、[File]を選択

inteval

6.5分間隔で更新される設定が標準となります。

また、画像の箇所のチェックは、NAT環境内の場合は上記に必ずチェックをしましょう。

CentOS7.0 をインストールしてみた

Zemanta Related Posts Thumbnail

 

 

・CentOS 7.0.1406 リリースノート
http://wiki.centos.org/Manuals/ReleaseNotes/CentOS7

さっそく.ISOをダウンロード
href=”http://isoredirect.centos.org/centos/7/isos/x86_64/CentOS-7.0-1406-x86_64-Everything.iso” title=”CentOS Mirror List”>

Kernel3.x の採用や、標準のファイルシステムが xfs になった点

・serviceコマンド、chkconfigコマンドが、systemctlコマンドに統合
・NICの名前が、eth0→eno16777736とかになっている

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno16777736 等に

・iptables が firewalld に変更
・ntpd が chronyd に変更
・Apacheのパッケージの変更、yumで入れると httpd-2.4.6-1になってました。
・MySQL が MariaDB に変更(サービス識別子が mariadb になっています)

munin-node-win32でWindowsのリソース監視する方法

以下URLにmuninを利用し、munin-node-win32でWindowsのリソース監視方法を本日公開しました。Muninの設定方法についても記載してます。

muninを利用し、munin-node-win32でWindowsのリソース監視方法

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村


muninを利用し、複数台のサーバを監視する方法

muninを利用すると、サーバの負荷やトラフィックをグラフ化できます。
グラフ化すると、少しのグラフの変化で何か問題が起きているかすぐ確認できます。
Perlで書かれており、RRD Toolと連携して、サーバに関するあらゆる情報をグラフ化し、HTMLを作ってくれます。
MRTGよりも圧倒的にインストールも設定も簡単。
グラフ化する対象はプラグインで簡単に拡張可能です。

以下は、公式サイトです。

Munin – Trac
Munin – Trac

また、以下URLにmuninを利用し、複数台のサーバを監視する方法を本日公開しました。
muninの設定方法についても記載してます。

muninを利用し、複数台のサーバを監視する方法

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村


dovecotアタックや、phpmyadmin経由のアタック元IPアドレスを接続拒否する。

liunxでのdovecotアタックや、phpmyadminのアタック元IPアドレスを接続拒否する方法。

接続を拒否したい方法もいくつかありますが、今回紹介するのはルーティングレベルでの拒否方法となります。

設定を間違えると、接続が一切できなくなるので設定は慎重に。

あくまで自己責任で。。。。。。

## route add -host “拒否したいIPアドレス” reject

##設定後

# netstat -nr

で拒否されていることを確認する。

~ルーティングテーブルの表示/設定を行う

How do I Drop or block attackers IP with null routes?

にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ

にほんブログ村

TOP






  • 「普通人間製作所 world」の QRコードです。
    携帯やスマートフォンで
    アクセスをしてみてください。
    QR


  •