#author("2017-01-11T01:22:19+09:00","Group2","Group2") FrontPage

『クロノ・トリガー』

c2f44427.jpg

個人的に一番好きなゲームです。また、音楽、ゲームの内容共にすばらし過ぎる。

(Chrono Trigger)は、1995年3月11日に、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売された日本のスーパーファミコン用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム。

タイトルである「クロノ・トリガー」の内、「クロノ」はギリシア語で「時」、「トリガー」は英語で「引き金」を意味し、日本語にすると「時の引き金」になる。後にプレイステーション版が発売され、続編にあたる『クロノ・クロス』も製作された。また、2008年11月20日にニンテンドーDSへの移植版が発売された。

注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。 →[記述をスキップ] 目次 [非表示]

   * 1 ストーリー
   * 2 世界設定
   * 3 マルチイベント
   * 4 キャラクター
         o 4.1 プレイヤーキャラクター
         o 4.2 現代のキャラクター
         o 4.3 中世のキャラクター
         o 4.4 未来のキャラクター
         o 4.5 原始時代のキャラクター
         o 4.6 古代のキャラクター
         o 4.7 その他のキャラクター
   * 5 スタッフ
         o 5.1 ドリームプロジェクト
         o 5.2 メインスタッフ
   * 6 プレイステーション移植版
   * 7 ニンテンドーDS移植版
         o 7.1 DS版とSFC版およびPS版との相違点
         o 7.2 予約特典
   * 8 非公式リメイク版
   * 9 システム
         o 9.1 ATB Ver.2
         o 9.2 つよくてニューゲーム
   * 10 サテラビュー
   * 11 関連作品
         o 11.1 時空冒険 ぬうまもんじゃ~
               + 11.1.1 キャスト
   * 12 脚注
   * 13 関連項目
   * 14 外部リンク

ストーリー [編集]

主人公クロノたちは偶然の事故から時間を移動する手段を発見し、時を越えて様々な時代を行き来する中で、自分達に降りかかる問題を解決していく。やがて荒廃した時代に行き着いた主人公達は、そこが謎の生命体「ラヴォス」によって滅亡した自分たちの未来であることを知る。クロノたちは失意に陥るものの諦めず、ラヴォスの出現した原因を突き止めて未来を救う事を決意する。

時代を巡るうちに、ラヴォスとは、中世時代の魔王が人類殲滅のために創造した存在であるという説が浮上する。魔王に対抗できる勇者の力を目覚めさせ、魔王を倒すことは出来たものの、実際には魔王はラヴォスを創造したのではなく時空の彼方から召喚したに過ぎず、またもやラヴォスの正体は霧の向こうに消える。次に行き着いた原始時代では、恐竜人と原始人の生存を掛けた戦いが行われていた。クロノたちの活躍により、戦いは原始人の勝利で終わる。

しかしその時、天に輝く赤い星が近づいてくる。そこで原始人であるエイラのつぶやいた言葉「ラヴォス」にクロノたちは驚愕する。「ラヴォス」とは原始人の言葉で「巨大な火」の意味。別の惑星から地球へやってきた異星知性体、それがラヴォスだったのだ。クロノたちは、人々が魔法を利用していた時代におもむき、ラヴォスの力を手に入れんとする者の野望を止めようとする。しかしラヴォスの力は強大無比で、戦いの中でクロノが消滅してしまう。悲しみに暮れる仲間たちであったが、時の賢者ハッシュが持っていた「時の卵」クロノトリガーの力を借り、クロノは仲間達の元に戻ることに成功する。

そしてクロノたちは、ラヴォスとの最終決戦に挑む。

世界設定 [編集]

主人公達は過去・現在・未来にわたり、時間を越えて冒険をする。冒険の舞台となる時代は5つあり、その数だけワールドマップが用意されている。また、過去での行動によりワールドマップなどに変化が発生するケースもある。

次に、各時代の特色を紹介する。なお、A.D.1年はガルディア王国の成立年に一致している。

原始(B.C.65000000)

   原始の世界では、猿から進化した人間と、恐竜から進化した恐竜人が互いに、次の時代への生き残りを賭け争っている。人間たちは竪穴式住居を築き小集落を形成している一方、恐竜人たちはコロニーに大集落を作り上げている。また人間たちは、恐竜人と戦う「イオカ族」と、恐竜人を恐れて森に隠れ住む「ラルバ族」の2つに分かれている。各地で火山が噴出し、その合間に平野とジャングルがある。

古代(B.C.12000)

   古代は、雪と氷に覆われた極寒の世界であり、現代では失われた魔法が使われていた時代である。陸地はわずかに残るばかりで、地表のほとんどは海で占められている。魔法の能力を持つか否かで人は2つの階層に分かたれている。魔法を使うことが出来ない人間は、厳しい環境の中ひっそりした生活を強いられている。一方、魔法を使うことが出来る人間は、浮遊大陸に魔法によって支配される王国を築き、常に魔術を磨いていた。後に大陸の大半が海中に沈むが、 A.D.600年に地形変化などは起きていないため再浮上したことがわかる。

中世(A.D.600)

   中世は、剣と魔法の世界。魔王がモンスターの軍を率いて、世界の征服に乗り出す。人間側の唯一の希望である勇者サイラスは青年剣士グレンと共に魔王討伐を志すが、サイラスは敗れ、人々は絶望の淵に立たされていた。

現代(A.D.1000)

   ガルディア王国の千年祭を祝う平和に酔いしれる現代。王国に住む少年クロノは、祭りの会場で一人の少女と出会う。その後、幼馴染の科学者ルッカが発明したテレポッドという転送装置がきっかけとなり、遥かなる時間を巡る冒険に旅立つことになる。

世界崩壊(A.D.1999)

   A.D.1999年、ラヴォスの日1時24分、六千万年以上もの長きに渡って地中深くに潜んでいたラヴォスが地上に姿を現すことにより、地球は死の星となる。DS版ではタイムワープ時にこの時代にカーソルを合わせるとワールドマップが確認できるが、ラヴォスとの戦い以外で冒険の舞台として歩くことはできない。

未来(A.D.2300)

   人々は地上に残るシェルターでわずかに生き長らえていた。廃墟の街には暴走した機械やミュータントがあふれ、人々に牙を向く。自分達の世界の結末を変えるために、クロノ達はラヴォスを倒すことを決意する。

時の最果て(∞)

   全ての時代に通じていてどの時代にも属さない時空を越えた謎の場所。物語を進める上でクロノたちの拠点となる。

マルチイベント [編集]

ゲームクリアに際して、以下のイベントをこなすかどうかはプレイヤーの任意で決められる。マルチイベントをクリアするとエンディングに若干の変化が現れる。

   * B.C.12000年で、女王の言いつけにより苗木を燃やすべきか悩むジールの住民に、苗木を残すように言うと、その苗木が代々受け継がれていく。A.D.600年にこの苗木を植え砂漠を緑あふれる森に変えようとする者がいるが、地底砂漠に巣くうモンスター・メルフィックのためにすぐに枯れてしまう。モンスター退治後、木は植えられるが、砂漠を緑に変えるには数百年の時間と多くの人手が必要になる。そこでロボなら数百年間停止せずに働けると志願し、A.D.1000年における砂漠が大森林となり「フィオナ神殿」が建つ。フィオナ神殿で停止した状態で祀られていたロボを回収し森でこれまでのことを回想する。ロボは数百年の間に推測した話として、タイムゲートはラヴォスの力によってのみ生まれるものではなく、死に逝く者の走馬灯や夢のようなものなのではないかと語る。皆が寝静まった後、一人眠れずに散策していたルッカの目の前に、かつてルッカの母ララが遭遇した事故の現場にタイムスリップするゲートが現れる。
   * B.C.12000年の浮遊大陸と共に海に沈んだ太陽神殿が、A.D.1999年のラヴォスの地上出現で起こった地殻変動により、 A.D.2300年の地表に現れている。太陽石は1万年以上の歳月の中で魔物と化しており、倒すと太陽石に戻るが、蓄えていた太陽エネルギーを失い暗黒石となっていた。そのため、再び長い年月をかけて日光を照射し、太陽石としての力を取り戻させようとする。途中、安置場所から何者かに持ち去られるが、ある町で強欲な男が隠し持っているのを発見し、回収後再び安置する。
   * A.D.600年、廃墟となった魔王城の近くに、ビネガー達は新たな居城「ビネガーの館」を構え、魔族の新たなリーダーとして居座っていた。ビネガー、マヨネー、ソイソーとの最終決戦に挑む。
   * A.D.600年の世界で、冒険家トマは虹色の貝殻のありかを発見していた。そこはB.C.65000000年のラヴォス墜落で地中に埋もれたティラン城の遺跡「巨人のツメ」であった。遺跡の奥で発見された虹色の貝殻はそのまま中世の王城の宝物庫に納められる。A.D.1000年、大臣の策略によりガルディア33世が王家の家宝である「虹色の貝殻」を売り払ったとして裁判にかけられる。マールは父を救うために現在も宝物庫に貝殻があることを証明し大臣の陰謀を暴き、父との和解を果たす。
   * かつて魔王に敗れ亡くなった勇者サイラスは、その無念から現代まで成仏できないでいた。カエルは中世の彼の墓前に赴き、そこで自らの迷いを払拭しグランドリオンの真の力を引き出す心の強さを得る。
   * A.D.2300年、ロボ達Rシリーズの製造工場の中枢マザーブレーンが「ジェノサイドーム」で地球上の人間を一掃する計画を実行しようとしていた。ロボは自らの創造主であるマザーブレーンに戦いを挑み、Rシリーズの姉妹機であるアトロポスとの辛い戦いを経て、マザーブレーンを打ち倒す。
   * 時を超え、原始以外の全ての時代の宙に浮かぶ海底神殿“黒の夢”、その奥には壊れた魔神器、そしてラヴォスの力を取り込んだジールがいた。ジールの力で蘇り襲いかかる魔神器、ラヴォスの力で変身したジールと戦い、これを倒す。ジールはその身と黒の夢をラヴォスに捧げてAD1999年のラヴォスの日へと時空を繋げる。なお、A.D.2300年の“黒の夢”は、ラヴォスの力で滅ぼされた世界に存在するためか、中には入れない。さらに過去の黒の夢をクリアしたら、後の時代には出現しなくなる。

キャラクター [編集]

括弧内は英語版 "Chrono Trigger" での名前。日本語版とは異なる名前になっている者も多い。日本語版での名前に英文字綴りがあるものは、日本語版 / 英語版の順に記す。

プレイヤーキャラクター [編集]

クロノ(Chrono / Crono)

   物語の主人公である少年。17歳。『ドラゴンクエストシリーズ』などの主人公と同様、セリフは一切喋らないが、特定のエンディングで唯一のセリフが用意されている。逆立った鮮やかな赤い髪とハチマキがトレードマーク。公式イラストではほとんどの場合左手で刀を持っている。最初はパーティから外すことができない。
   主人公にも関わらず死亡イベントがあったり、母親には自分よりも猫の心配をされる等、ある意味苦労が絶えない。
   使用する武器は日本刀(モップなど一部例外アリ)。属性は天。雷系の魔法と聖なる魔法を使う。日本刀と天属性の魔法による攻撃がメインになるキャラクターである。

マール(Marl / Marle)

   クロノが千年祭会場で出会った少女。16歳。A.D.1000年のガルディア王国の王女であり、本名はマールディア (Nadia) 。天真爛漫でおてんばな性格。父親に反発して「城出」し、クロノたちと旅をすることに。
   武器はボウガンもしくは弓。属性は水、その中でも氷系の魔法を主に使う。初期段階から回復技を使うことができ、攻撃魔法・回復魔法・蘇生魔法・補助魔法を覚えていく。魔力が高いため回復魔法の効果が高い。

ルッカ(Lucca)

   クロノの幼馴染の少女。19歳。大の発明好きで、自分の才能に強い自信を持っている。機械やロボットを作ったり直すのが趣味で、彼女の開発したテレポッド(転移装置)から事件は始まる。その髪型や紫色の髪と眼鏡から、「Vジャンプ」の表紙で『Dr.スランプ』の則巻アラレがコスプレしていたこともある。10年前の母・ララの悲劇を止められなかった自分を責め、それ以後、機械に興味を持つようになる(イベント次第で、この過去を変えることが可能)。
   ガン(銃)を武器として使う。属性は火。炎で敵を焼き尽くす魔法を使う。火属性の魔法と各種発明品による攻撃が強力なキャラクターである。魔力が高いため火属性の魔法は大ダメージが期待できる。
   カエルが元のグレンの姿に戻るEDでは、彼に対しハンサム発言をしたり、ガルディア城のある兵士(本当は女であるが)の顔には攻撃をしなかったりと、ハンサムには目が無いという一面もある。
   『クロノ・クロス』では「ルッカ・アシュティア」というフルネームが設定されている。

ロボ(Robo)

   未来の「プロメテドーム」で壊れかけたまま放置されていたが、ルッカが修理し仲間となったロボット。未来での本名(コードネーム)は「プロメテス」だが、マールの助言を受けたクロノが勝手に「ロボ」と名付けてしまった。製造番号はR-66Y。内蔵されたロケットパンチやレーザーによる攻撃、ビームによる回復など多彩な技を使う。
   レーザー等の内蔵武器を除けば、素手での打撃や体当たりを主体とするが、アーム(腕)の部分が換装可能な武器となっている。ロボットのため属性はないが、スペッキオによるとレーザーなどの武器が冥攻撃によく似ているらしい。

カエル(Kaeru / Frog)

   中世ガルディア王国の騎士。ガルディア王国前騎士団長であった親友サイラスの遺志を継ぎ、伝説の剣グランドリオンを手に戦う。元はグレン(Glenn)という名の人間だったが、魔王の呪いによりカエルの姿となってしまい、それ以来正体を隠してリーネ王妃を影から守っていた。古代で魔王が死んだ場合にはエンディングで人間の姿に戻る。また、PS版のエンディングムービーでは魔王が倒されたか否かに関係なく人間の姿で登場する。
   武器は西洋の剣。属性はマールと同じく水だが、攻撃魔法は水の力を使うウォーター系となっている。攻撃魔法と回復魔法の両方を使うことができる。

エイラ(Eira / Ayla)

   原始時代の集落“イオカ村”の長。24歳。パワフルでセクシーな女性で、強い者を好む。ストーリー中、マールの先祖であるらしいことが示唆される。
   武器は使用せず、パンチ・キック・噛み付きなどの肉弾戦を得意とする。ゲームシステム的には、武器は装備変更できず「こぶし」で固定されているが、レベルアップをする事でこの「こぶし」は、段階的に同名だがクリティカル率が高い「こぶし」にレベル24とレベル48に変化し、更にレベル72まで上がるとクリティカル率も更に上昇して混乱の追加効果がある「てっけん」、そしてレベル96になるとクリティカル率は初期の「こぶし」よりも低くなってしまうもののクリティカル時には9999ダメージが出る「ごうけん」へと変化する。ただし変化タイミングはレベルアップした瞬間ではない。なお、裏技を使用する事でアイテムとして入手する事もできる。なお、攻略本には、「ごうけん」はLV97と記載されているが、間違いである。
   魔法が栄える以前の生まれのため、魔法は使えず属性も無い。
   名前は『大地の子エイラ』に由来している。

魔王(Maoh / Magus)

   中世ガルディア王国の平和を脅かす魔族を統べる存在。後世では「ラヴォスを生み出して世界を滅ぼそうとした」と伝えられているが、実は古代ジール王国の王子ジャキであり、自らの手で倒すためにラヴォスを目覚めさせようとしていた。このキャラクターのみ、仲間にするか否かを任意で選択可能。
   鎌(大鎌)を武器とし、回転しながら敵を切り裂く。属性は冥だが、天・火・水・冥の4種すべての魔法を使うことが可能。魔力がかなり高く、魔法攻撃は大ダメージが期待できる。
   唯一デフォルトの名前が漢字のキャラクターであり、“魔”がゲーム中で小さい文字として表示される時、广+マの字になる。

プレイヤーキャラクターに関して言えば、これらはデフォルトの名前であり、5文字までなら自由に名前を変えることができる。また、タイムマシンである「シルバード」の名前も同様に変更可能。ただし漢字を使うことはできないため、魔王だけは一度名前を変えると通常の方法では元に戻せなくなる。「つよくてニューゲーム」を行った場合、全ての名前はデフォルトに戻される。名前を変えた場合、エイラがクロノを呼ぶ名前は先頭の2文字、マールの本名は前3文字+ディア、魔王軍の名前は名前+軍に変わる。

現代のキャラクター [編集]

ガルディア33世(King Guardia XXXIII)

   現代のガルディア国王。マールの父。真面目で融通が利かないところがあるが、マールのことは自分なりに心配している。

アリーチェ(Ariche)

   ガルディア王妃でマールの母。故人。

ボッシュ(Melchior)

   千年祭で武器を売っていた鍛冶屋。実は古代ジール王国3賢者の1人で、ジール王国では“命の賢者”と呼ばれていた。

タバン(Taban)

   ルッカの父で、同じく発明家。強力な武器や防具を造ってルッカを助ける。

ララ(Lala / Lara)

   ルッカの母。発明には無関心。10年前にある事故に巻き込まれ、両足の自由を失ってしまう。なお、英語版では名前の綴りが「Lara」だが日本語版では「Lala」で、彼女の名前の綴りがあるイベントに影響をもたらす。

ジナ(Mom)

   クロノの母。クロノ達の旅の行方より飼い猫の世話に関心がある。何事にも動じない性格でカエルやロボ、魔王等の仲間を見ても常にマイペースで接する。

ノルシュティン・ベッケラー(Norstein Bekkler)

   顔と手しかない謎の人物。千年祭にてテントを張り、「ノルシュティン・ベッケラーの実験小屋」と称して3種類のミニゲームを行っている。『ファイナルファンタジーVI』からゲストとしてビッグス&ウェッジが新たな仲間ピエットと共に登場するほか、景品としてもらえるドッペル君(人形)は後に重要な役割を果たす。未来にいるガッシュ(の意識を移植されたヌゥ)が彼のことを知っていたことから、古代の関連人物かと思われる。

ビネガー8世(Ozzie VIII)

   中世のビネガー(後述)の子孫。魔物の村メディーナで村長をしているが、クロノ達が中世の歴史を変えることにより立場が変化する。

中世のキャラクター [編集]

ガルディア21世(Guardia XXI)

   A.D.600年の時点でのガルディア国王。

リーネ(Leene)

   A.D.600年のガルディア王妃。年齢よりも若く見え、マールとそっくり。

サイラス(Cyrus)

   中世ガルディア王国の前騎士団長。必殺技はニルヴァーナ・スラッシュ。グランとリオンに挑んでグランドリオンを入手、化け蛙ゴールデンフロッグを退治して勇者バッジを取り戻した。10年前、伝説の剣グランドリオンを携え親友のグレンと共にデナドロ山で魔王に闘いを挑んだが、力及ばず敗死。その後、魔族が「北の廃墟」に彼を冒涜する墓を造って葬った。それから400年後まで廃墟に亡霊として留まり続ける事になる。

ビネガー(Ozzie)

   魔王軍の将軍の1人。狡猾な罠を駆使する軍事参謀。だが、逃げてばかり。身を守る事に非常に長けている。後にパワーアップして「グレートビネガー」となる。名前の由来は酢の英語「ビネガー」。魔王がいなくなってからは彼が代わって魔王の地位につくが、やはり器ではなかったようだ。なお中世に飛ばされてきたジャキを最初に見つけたのは彼であり、状況から判断すればジャキを魔王として育て上げたのは彼だと思われる。だとすれば自分が育てた自分達より下位なはずの人間に従っていた事になるが、自分が魔王の地位に収まってからも彼に対して不遜な口を利けないところからよほど彼の力を恐れていた事が伺える。口癖は「ビネガ~ピ~ンチ!」。

マヨネー(Flea)

   魔王軍の将軍の1人。外見は美しく巨乳だが実はオカマ。肩書きは“空魔士”で、その名の通り空間全体に効果をもたらす魔法を得意とする。「トキメキ熱視線」という、投げキスで相手を自分にメロメロに洗脳する技も持つが、マヨネー自身は魔王を慕う。後にパワーアップして「スーパーマヨネー」となる。名前の由来はマヨネーズ。

ソイソー(Slash)

   魔王軍の将軍の1人。青色の皮膚を持つ。正々堂々の勝負を重んじる剣士。“外法剣士”の肩書きで呼ばれており、屍を操る術を使うが自身が闘う場面では魔法に頼らず己の剣術の腕のみで戦う。ただしビネガーの「ミックスデルタ」に協力しているため、魔法自体は使える模様。後にパワーアップして「スーパーソイソー」となる。名前の由来は醤油の英語「ソイソース」。

タータ(Tata)

   ひょんな事から勇者バッジを拾ってしまった少年。それが原因で勇者として崇められることに。

トマ・レバイン(Toma Levine)

   虹色の貝殻を求めて旅をする冒険家。酒が大好き。A.D.1000年のチョラスの街の酒場には彼の子孫のトマ13世がいる。

フィオナ(Fiona)

   戦争で砂漠化した森を蘇らそうとする壮大な計画を抱く女性。魔王との戦いに出た夫のマルコの帰りを一人待っている。

魔王のしもべ

   マノリア修道院や魔王城に巣くう、魔王城の戦闘員。

バンタ

   タバンとルッカの祖先。ガルディア王の依頼でリーネ王妃へのプレゼントを作っている。才色兼備の娘を欲しがっていた(後に、時代は違うが子孫のルッカとして叶う事になる)。

グランとリオン(Masa and Mune)

   グランドリオンに古代より宿りし精霊の兄弟。赤い石で作られたナイフに込められたボッシュの希望が生命を得たもの。赤きナイフはドリストーンが持つその特性により、魔神器からラヴォスエネルギーを吸収し、グランドリオンへとその姿を変えた。

ヤクラ(Yakra)

   リーネ王妃を誘拐した魔物。A.D.1000年には彼の子孫のヤクラ13世が登場、クロノたちへの恨みは子孫にまで伝わっていたことが判明する。

ビネガー達三人を指す名称として「魔王3大将軍」がある(ビネガー本人が自称)。この他に「三魔騎士」という呼び名もあるが、ゲーム本編のテキストには登場せず、攻略本『クロノ・トリガー ザ・パーフェクト』や続編の『クロノ・クロス』で確認できる名称になっている。

未来のキャラクター [編集]

ガッシュ(Belthasar)

   廃墟のドームでヌゥ(名前は「謎の物体」と表記される)と共に暮らし、死の山について研究している。タイムマシン「シルバード」の開発者。実は古代ジール王国3賢者の1人、“理の賢者”。物語が進むと死亡し、ヌゥに自らの頭脳を移植する。最初に未来に訪れた時期に「監視者のドーム」へ行くと、生きている彼に会うことが可能だが、正気を失っている様子。なぜ現代のノルシュテイン・ベッケラーの事を知っていたのかは謎。

ドン(Doan)

   アリスドームの長。ラヴォスが覚醒したA.D.1999年の情報センター長の末裔であり、ガルディア王家の血を引く。クロノ達と出会い、生への希望を得る。

ジョニー(Johnny)

   32号廃墟にいる暴走ロボ軍団を率いているバイク型ロボット。スピードに全てをかけている。クロノ達とバイクレースで勝負をすることになる。

アトロポス145(Atropos XR)

   ロボ(プロメテス)と同じRシリーズのロボット。色はピンク系で、女性的な外見・性格を持つ。人間に例えるとロボの兄弟姉妹のような存在。ジェノサイドームでロボとの再会を果たすが…。

マザーブレーン(Mother Brain)

   ロボや同型ロボットを生み出した工場の中枢コンピュータ。人間が居ては世界の復興は無理と考え、残酷な計画を実行しようとする。

原始時代のキャラクター [編集]

キーノ(Kino)

   エイラに好意を抱く青年。幼い頃に不思議山で拾われ、後にエイラの後を継ぎイオカ村の酋長となる。当初は嫉妬心からクロノたちをよく思わず、時間移動に使うゲートホルダーを盗み出したりもした。後のガルディア王家の祖先に当たる。原始時代の人物の中で、彼のみクロノをフルネームで呼ぶことがある。

ラルバ村の人々

   エイラたちのイオカ村と異なり、恐竜人との戦いを避けて逃げた人達が隠れ住んでいる村。空を飛ぶ巨大な生き物“プテラン”の世話をしている。

恐竜人(Reptite)

   原始の人間と敵対する種族。常に集団で行動する。打撃をものともしない強固な皮膚を持つが、雷系の攻撃を受けると感電し防御力が弱まってしまう。リーダーと本拠地を失い、その後氷河期訪れており、殆んどが死滅したものと思われていたが、DS版の追加シナリオでは集落「竜の聖域」を作って生き延びている。

アザーラ(Azala)

   原始の人間と敵対する恐竜人のリーダー。高い知能を持ち、超能力が使える。配下としてニズベール、ブラックティラノなどを従えている。人間を「サル共」と呼ぶ。なお、DS版の英語設定ではアザーラを指して「she」と呼ばれるため、女性と思われる。

ニズベール(Nizbel)

   怪力を誇る恐竜人。他の恐竜人と違い雷系の攻撃を受けるとそれを蓄電し放出できる。

ブラックティラノ(Black Tyrano)

   かなり大型の恐竜。強力な火炎をはいて攻撃する。クロノたちに倒されてから数千万年後のAD.600には同種と思われる錆色の恐竜「ルストティラノ(Rust Tyrano)」が登場する。

古代のキャラクター [編集]

天の民

   魔法の力を使うことができる人間たち。浮遊大陸にあるジール王国に住んでいる。

地の民

   魔法の力を使うことができない人間たち。氷河期の大地に洞窟を掘って暮らしている。

ジール(Queen Zeal)

   ジール王国の女王(女王の名前が国名になっている)。かつては優しい性格だったがラヴォスの力に魅入られてしまい、ラヴォスを絶対的な神と崇めて永遠の命の野望を抱く。

サラ(Schala)

   ジール王国の王女。母であるジールをも凌ぐ強大な魔力を持つ。三賢者が失踪した後のジール王国で、魔神器を操作できるほどの魔力の持ち主はサラしかいなかった。そのため、ジールに利用される事となる。心優しく、魔力を持たない地上の民の元へも何度か足を運んでいる。

ジャキ(Janus)

   ジール王国の王子。ラヴォスの力に魅せられ変貌していく母に激しい憎しみを抱き、その行為に対し不吉な予感を訴える。姉と愛猫のアルファド以外には心を閉ざしている。王家の血筋ながら全く魔力を持たないと言われていたが、本当は母を変貌させてしまった魔力を嫌っていたために心と一緒に自ら封印していただけであった。
   後にゲートによって中世へ飛ばされ、魔王と呼ばれるようになる。

ダルトン(Dalton)

   ジール女王の側近の1人であり、立場に似合うだけの魔力を持った優秀な魔導師だが自己中心的で尊大な性格の持ち主。だがどこか間の抜けているところがあり、言動にも行動にもいちいち小物っぽさがぬぐえない。予言者の登場により左遷されて居たところにクロノ達が現れ、物語に関わっていく事になる。ジールが居なくなった後にダルトン王国を建設しようとするが、パーティとの戦いで異次元に飛ばされてしまう。SFC版ではそのまま消息不明だったがDS版では一旦現代のパレポリ村に飛ばされ、その後次元の歪みで再びクロノ達の前に立ちふさがるもやはり敗退し、負け惜しみとともに逃走していった。なおこの時トリガーの時点ではそもそも国ですらないのどかな山村にすぎなかったパレポリが、『クロノ・クロス』では僅か数年で一大軍事国家に不可解なまでの急成長を遂げ、突如敵対関係になかったはずのガルディアに進撃を開始したという謎に対する答えともとれる意味深な台詞を残している。

予言者(Prophet)

   ジール王国に現れた謎の男。未来の出来事を確実に予言し、女王に取り入って三賢者を排斥し海底神殿の建設を進める。正体は中世から戻ってきたジャキ(=魔王)。

ボッシュ(Melchior)

   三賢者のひとり、命の賢者。強力な魔力を持つ。ドリストーンを加工する技術を唯一持っており、三賢者による魔神器建造計画のリーダーだった。魔神器ができる前に用いられていた太陽石や虹の貝殻の加工技術も、今ではボッシュ以外に伝えるものは居なくなっている。魔王が体験した歴史ではボッシュが赤きナイフで魔神器を破壊してラヴォスが現れるに至らなかったため、予言者の進言で嘆きの山に幽閉されている。後に現代へと飛ばされる。

ハッシュ(Gaspar)

   三賢者のひとり、時の賢者。強力な魔力を持つ。予言者の登場により身を隠し、地上の離れ小島で「時の卵」について研究している。後に時の最果てに飛ばされる。

ガッシュ(Belthasar)

   三賢者のひとり、理の賢者。強力な魔力を持つ。ジール王国の街、黒鳥号、海底神殿、シルバードの設計者。予言者の登場により身を隠している。後に未来に飛ばされる。

ドリーン(Doreen)

   赤い石に宿る精霊。グランとリオンの姉。

その他のキャラクター [編集]

ハッシュ(Gaspar)

   時の最果てに1人たたずむ老人。その正体は古代ジール王国3賢者の1人、“時の賢者”。クロノ消滅の後にある物をパーティーに授けてくれる。

スペッキオ(Spekkio)

   時の最果てに住む戦の神。クロノ達の資質を見抜き、魔法を使えるようにする。スペッキオとは鏡の意味で、強い者には恐ろしい姿、弱い者には弱そうな姿に見える。先頭キャラクターのレベルに応じて、原始ガエル型・マモ型・オウガン型・ギア型・グランとリオン型・ヌゥ型の6段階に姿と強さが変わっていく。グランとリオン型からは、敵一体を虹色の光で包み込み、一撃で葬り去る強烈な攻撃を繰り出してくる。倒すと、形態に応じて能力アップ系などの様々なレアアイテムをくれる。なお、アイテムをくれるのは、各形態ごとに一回ずつとなっている。

ヌゥ(Nu)

   原始から未来まであらゆる時代に存在している謎の存在。古代では「全ての生物はヌゥにはじまりヌゥに終わる」と記された書物が確認できるが、実際のところ生物であるのかどうかすら怪しい点がある。DS版の追加シナリオでは原始時代と中世でそれぞれ同一人物のヌゥに会う事が可能であり、生物だとすれば寿命は数千万年を超える事になる。

ラヴォス(Lavos)

   原始時代に宇宙より飛来した謎の巨大生物。

以上で物語・作品・登場人物に関する核心部分の記述は終わりです。

スタッフ [編集]

ドリームプロジェクト [編集]

   * 坂口博信 - スーパーバイザー、エグゼクティブプロデューサー
         o システムやイベント等のアイデア考案はしているが、実質的な現場指揮は部長(当時)でもあるディレクターの北瀬佳範。
   * 鳥山明 - キャラクターデザイン
         o メインキャラやシーンイラストは鳥山によるものだが、サブキャラのイラストは「Vジャンプ」側によるものが多い。
   * 堀井雄二 - スーパーバイザー、ストーリー原案
         o 初期プロット、シナリオ監修。

ファンの間ではビッグ3とも呼ばれる。『ファイナルファンタジーシリーズ』(以下、『FFシリーズ』)の坂口博信、『ドラゴンクエストシリーズ』(以下、『DQシリーズ』)の堀井雄二、鳥山明が並ぶということで「週刊少年ジャンプ」やゲーム雑誌では大々的に取り上げられ、当時『DQ』派と『FF』派に分かれていたゲームユーザーの耳目を一身に集めた。

元々は『クロノ・クロス』のプロデューサーでもある田中弘道による「鳥山ワールドを再現する」という企画に「クロノ・トリガー」の名が冠されていた。諸々の事情で日の目を見る事は無く、坂口によりサルベージされた形となっている[4]。

シナリオ全体を統括しているのは加藤正人だが、光田康典の公式ホームページのインタビュー[4]にて「一番偉い人から、シナリオ名義を上の企画の三人にしようかという話が出たが、北瀬・時田が止めに入ったおかげでストーリープランとして名が残った」と語った。実際に堀井が担当した箇所はプロットの初期版に留まっており、キャラの台詞や舞台となる場所の情景・仕掛け・構造などについてはタッチしておらず、加藤が全体的に加筆・修正した後、多くのスタッフの手が加わっている。尚、古代関連のシナリオ及びイベント、演出の制作は100%加藤によって行われており、鳥山による古代のシーンイラストがないことからも初期プロットに存在しなかったことが窺える。

メインスタッフ [編集]

   * 青木和彦(プロデューサー)
   * 北瀬佳範(ディレクター)
   * 時田貴司(ディレクター)
   * 松井聡彦(ディレクター)
   * 加藤正人(ストーリープラン)
   * 伊藤裕之(イベントプラン)
   * 千葉広樹(イベントプラン)
   * 松原啓介(イベントプラン)
   * 光田康典(音楽) - メインコンポーザー、プレイステーション版のスタッフロールではクレジットされていない
   * 植松伸夫(音楽)
   * 松枝賀子(音楽) - 1曲作曲
   * 小久保啓三(メインプログラム)
   * 樋口勝久(メインプログラム)
   * 吉井清史(バトルプログラム)
   * 成田賢(ビジュアルプログラム)
   * 高橋哲哉(グラフィックディレクター)
   * 星野雅紀(グラフィックディレクター)
   * 蒲田泰彦(グラフィックディレクター)
   * 野村哲也(フィールドグラフィック)
   * 直良有祐(フィールドグラフィック)
   * 本根康之(フィールドグラフィック)
   * 西健一(フィールドプランナー)
   * 江藤桂大(フィールドプランナー)

プレイステーション移植版 [編集]

続編『クロノ・クロス』発売の2週間前である1999年11月2日に、プレイステーション移植版が発売された。2002年1月17日にはPS one Booksとして、2006年7月20日にはアルティメットヒッツとして廉価版が再発売となった。

基本的にはスーパーファミコン版と同じ内容だが、新しい要素が付加されている。

新作アニメーションムービー

   タイトル画面および、重要な場面のいくつかでセルアニメが流れる。制作は東映アニメーションで、鳥山キャラを再現した本格的なもの。ただしSFC版のイベントに割り込む形でムービーが挿入されるため、ムービーと実際のゲーム中で、同じイベントを表現したものを二重に見ることになる。また、SFC版のオープニングデモはアニメーションによるオープニングムービーに差し替えられている。
   エンディングのムービーでは続編『クロノ・クロス』につながる場面と、メインキャラクターのその後が描かれている。また、特定のエンディングを見ると追加されるエンディングムービーは、『クロノ・クロス』の時間軸に分岐する伏線である。さらに、一度このムービーを見た状態でシステムデータに上書きすると、以降そのシステムデータを利用する限り、どのエンディングでもこのムービーが流れる様になってしまう。ムービーでは史実の様に淡々と出来事が表示されるのみで、本作による歴史変革で変わった未来が過去に影響を及ぼして『クロノ・クロス』の歴史が生まれたという表現になっている。

おまけ

   音楽、ムービー、一部の公式イラストやセル画、モンスターや技の詳細データ、アイテムの効果や入手場所のマップデータなどが見られる資料室。見たエンディングの種類に応じて少しずつ解禁されていく。

この他、一部の台詞や演出が変更されていたり、一部のバグが修正されていたりなど細かい変更点もある。

PS版ではCD-ROM読み込みのため、SFC版よりも処理がかなり遅くなっている。また音源がSFC版と違うため、音楽や効果音などの音質が若干変質している(PS移植版『ファイナルファンタジーV』なども同様)。

PS版には上記アニメーションムービーなどの追加要素のほか、ゲームデータのセーブをメモリーカードによって行うため(1ブロック使用)、3箇所しかセーブする場所の無かったSFC版とは違いセーブデータ保存数に実質限界がない、といった利点もある。

また、非公認ではあるが、PS版のCD-ROM内にはSFC版のロムカセットのデータがそのまま納められているので(ルートディレクトリにある「Rom.bin」)、再生用の機器(書き換え可能なSFC用ロムカートリッジと書き込み機器)もしくはソフトウェア(SFC・SNESのロムデータに対応したエミュレータ)があればSFC版としてプレイ可能になっている。

ニンテンドーDS移植版 [編集]

2008年11月20日にニンテンドーDSでの移植版が発売された。リメイクではなくDSならではの演出や新システムを追加した完全移植版。SFC版のメインコンポーザー光田康典が音楽監修として参加しており、できるだけSFC版の音源を再現したという。PS版にあったアニメーションムービーやギャラリーなどの要素も搭載している。

DS版とSFC版およびPS版との相違点 [編集]

   * 操作方法としてDSのタッチペンを利用したDSモードが選択可能。従来のボタンと十字キーを利用したものと2種類を選択できる。
   * アニメーションムービーはONとOFFを切り替えが可能になった。
   * 「入れ替え」が「編成」に名称が変わり、時の最果てにいる仲間も含めたメンバーチェンジになった(Yボタン(PS版では□ボタン)のメンバー呼び出し機能は廃止された)。
   * 追加ダンジョンや追加アイテムや追加モンスター(ボスも含む)、新たなエンディングが追加された。これに伴い、PS版でのエンディングムービーは流れる場面が一部変更されている。
   * 次元モンスター闘技場が出来た
   * 一度ゲームをクリアした後に挑める所定のイベントをこなす事により「時の闇」に行く事が出来るようになり、『クロノ・クロス』のラスボス「時喰い」の前身である裏ボス「夢喰い」と戦う事が出来るようになる。
   * 日本語と英語を切り替えることが可能。

予約特典 [編集]

メインテーマである「クロノ・トリガー」と、このために編曲されたクロノ・トリガーメドレーを光田康典が全面監修・制作・指揮してオーケストラによる生演奏で収録したサウンドトラック『CHRONO TRIGGER ORCHESTRA EXTRA SOUNDTRACKS』がソフトの予約者に特典として配布される(数量限定)。

   * クロノ・トリガー ~Orchestra Version~
         o 作曲:光田康典
         o 編曲:亀岡夏海
   * クロノ・トリガーメドレー ~Orchestra Version~
     「予感」、「ガルディア王国千年祭」、「風の憧憬」、「カエルのテーマ」、「魔王決戦」、「エピローグ ~親しき仲間へ~」、「遥かなる時の彼方へ」
         o 作曲:光田康典
         o 編曲:亀岡夏海

非公式リメイク版 [編集]

ファンによる非公式のリメイクとして『Chrono Trigger: Resurrection』の製作が進められていたが、2004年9月6日に製作停止が発表された。これは、『クロノ・トリガー』の著作権を持つスクウェア・エニックスに製作の中止を求められたためと発表されている[5]。

システム [編集]

基本的なシステムは『ファイナルファンタジーシリーズ』(以下、『FFシリーズ』)のそれに近いが、以下のような相違点もある。

   * 装備は武器・兜・鎧・アクセサリーの4つで、基本的にどのスロットも装備を外すことはできない。新しい装備品に変更する際には、必ず既存の装備と入れ替えて装備する。ただし特定のイベント中のみ装備一切が盗まれ、この時は強制的に外される事になる。また、裏技を使用する事で意図的に外すことも出来る。
   * 移動はそれまでの『FFシリーズ』のようなキャラクタ単位ではなく8方向へのフリー移動となっている。また、一部を除き一般の会話中でもメッセージが表示されている途中でキャラクターを移動させる事ができる。
         o この「会話中にも自由に動ける」システムは開発段階では「エーテルシステム」と呼ばれ、どう動いたかによってゲーム展開が変わるという仕様も発表されたが、製品版ではただ動けるだけの無意味なものとなってしまった。序盤のマールの行動などにその片鱗がわずかに残されている。
   * エンカウントはシンボルエンカウント(敵にある程度接近すると戦闘に突入)とゾーンエンカウント(一定のエリアを通過しようとすると茂みなどから敵が出てくる)。フィールドの移動と戦闘の場面は分けられているが、両者の間で画面の切り替わりがないシームレスバトル。
   * 戦闘メンバーが覚えている技を組み合わせ、連携技を使用することができる。連携技には2人技と3人技があり、3人技は基本的にはクロノ+他のメンバー2名だが、クロノのいない組み合わせでも、特定のアクセサリーを装備する事で発動可能なものがある。
   * 主な属性は「火」「水」「天」「冥」の4つ。ただしこの他にも無属性攻撃や、「?属性」という物が存在する。
         o 火 - 『FFシリーズ』における火属性と同じ。
         o 水 - 『FFシリーズ』における水・冷気属性。
         o 天 - 『FFシリーズ』において風・雷・聖に属するもの。
         o 冥 - 『FFシリーズ』における属性で言えば闇。異なる属性を組み合わせた連携技もこの属性になる(同属及び無属性との組み合わせについては属性の変化はない)。

ATB Ver.2 [編集]

本作のバトルシステムは、『FFシリーズ』のATB(Active Time Battle)を拡張したATB Ver.2となっている。Ver.2での追加要素には以下のような物がある。

   * 敵キャラクターはバトル中常に移動しており、行動後に元の位置に戻ろうとする者もいる。戻らない場合もあるが、その場合も接近しているキャラクターにそのまま攻撃し続けるわけではない。
   * 技の効果範囲には以下のような設定がされており、使用するタイミングによってヒットする敵の数が異なる事もある。
         o 単体 - 通常の単体攻撃。ターゲットを1体選び、それに対して効果を発揮する。多くの技がこの効果範囲に該当する。
         o 全体 - 通常の全体攻撃。こちらも多くの技で見られる。
         o 直線 - 使用者とターゲットを結ぶ直線上の敵にダメージ。ターゲットより後ろにも貫通する。クロノの「かまいたち」などに設定されている効果範囲。
         o 線分 - 使用者とターゲットの間にいる敵を巻き込むことができるが、ターゲットより後ろの敵にはヒットしない。ルッカの「かえんほうしゃ」などが該当。
         o 横直線 - ターゲットとY座標が近い敵全員にヒットする。連携技「ハヤブサぎり」などが該当。
         o 円範囲 - ターゲットを中心に一定距離内の敵キャラにもヒットする。ルッカの「ナパームボム」などが該当。
         o 自分中心円範囲 - 使用者を中心に一定距離内の敵キャラにヒットする。ロボの「サークルボム」などが該当。

つよくてニューゲーム [編集]

「つよくてニューゲーム」とは、SFC版では「黒の夢」を攻略後にセーブし(クエストタイトルは『星の夢の終わりに』)、ゲームクリアをする事で現れるモード。PS版ではクリアを記録したシステムデータがスロット中のメモリーカードに存在すると、セーブデータをロードする際に選択できるようになる。

このモードでは任意にセーブデータを選んで、そのセーブデータのレベル・技能・アイテムを引き継いだままゲームの最初から新しく始めることが出来る。ただし一部の重要イベントアイテム(グランドリオンなど)は引き継ぐ事ができない。

また、このモードでは特定のイベント中以外は基本的にいつでもラストボスに挑むことが出来る。よって、開始直後にクロノ1人でラスボスに挑むことも可能である。エンディングはマルチイベント発生前(クロノ離脱前)までに10種類あり、イベントの進行度や特定条件によって見られるエンディングが変わる(また、マルチイベント発生後のエンディングも、プレイヤーの行動によって内容が細かく変化する)。なお、PS版ではシステムファイルに見たエンディングの履歴を蓄積することで、「おまけ」の内容が充実していく。

サテラビュー [編集]

BSアナログ放送のサテラビューで、以下の4つのソフトが配信されていた。

クロノ・トリガー ジェットバイクスペシャル

   本編中のミニゲーム、ジェットバイクだけを独立させたソフト。

クロノ・トリガー キャラクターライブラリー

   味方、敵のキャラクターの詳細が載っているデータ集。

クロノ・トリガー ミュージックライブラリー

   ゲーム中の音楽が聴けるデータ集、中身はオリジナルサントラとほぼ同一で、ゲーム未使用曲の2曲もサントラ同様に収録されている。ただし曲名は「風の憧憬」がライブラリ内の表示では「風の憧れ」になっている。

ラジカル・ドリーマーズ -盗めない宝石-

   サウンドノベル形式のゲーム。複数あるストーリーの中の1つが『クロノ・トリガー』の続編で、後に『クロノ・クロス』の原型となった。

関連作品 [編集]

ゲーム攻略本

   『クロノ・トリガー ザ・パーフェクト』 集英社(Vジャンプブックス ゲームシリーズ)、1995年6月、雑誌コード 67301-25
       スーパーファミコン版の攻略本。
   『クロノ・トリガー ザ・コンプリート』 集英社
       プレイステーション版の攻略本。

コミック

   『時空冒険ヌウマモンジャー』 集英社 / 1998年5月 /キャラメル・ママ、原作:いざわひろし、マンガ:菊池晃弘
       Vジャンプで連載されていた。

楽譜

   『楽しいバイエル併用 クロノトリガー OROGINAL SOUND VERSION』 ドレミ楽譜出版社
       易しめのピアノ用アレンジされた楽譜。
   『エレクトーンで弾く クロノトリガー』 ヤマハミュージックメディア

音楽CD

   『クロノ・トリガー オリジナル・サウンド・バージョン』(1995年、NTT出版/プライエイド・レコーズ)
       クロノトリガーの全曲と未使用曲2曲を収録した3枚組。
   『クロノ・トリガー ザ・ブリンク・オブ・タイム』 (1995年、NTT出版/プライエイド・レコーズ)
       アレンジバージョン。アレンジは光田康典、GUIDO(畑浩史、大槻”KALTA”英宣)による。
   『クロノ・トリガー オリジナル・サウンドトラック』(1999年、デジキューブ→スクウェア・エニックス/SMD)
       ゲーム中よりピックアップ22曲(PS音源のもの)とPS版バージョンのムービー8曲を収録。
   『オーケストラによるゲーム音楽コンサート5-ライヴ・ベスト・コレクション-』
       様々なゲームの曲をオーケストラアレンジして実際に演奏したものを収録。「クロノ・トリガーのテーマ」の編曲は小野崎孝輔。

時空冒険 ぬうまもんじゃ~ [編集]

1996年7月31日に、Vジャンプフェスティバル'96にてアニメ化されて上映された。「月刊Vジャンプ」で連載されていた漫画『時空冒険ヌウマモンジャー』をベースとしたギャグアニメ作品。

なお、劇中冒頭のタイトル表示は漫画と同じくカタカナで『時空冒険ヌウマモンジャー』だが、Production I.Gによる作品名表記はひらがなで『時空冒険 ぬうまもんじゃ~』となっている。

   * 脚本:あみやまさはる
   * キャラクターデザイン:西野理恵
   * 作画監督:岡村天斎
   * 監督:川崎逸朗
   * 制作:Production I.G、読売広告社
   * 制作協力:キャラメル・ママ
   * 協力:スクウェア、集英社
   * 原作:井沢寛、菊池晃弘(月刊Vジャンプ連載)
   * 音楽:光田康典 (ゲーム本編のBGMがそのまま使われている)

キャスト [編集]

   * マモ:田中真弓
   * ヌウ:茶風林
   * ジョニー:三木眞一郎
   * ゴンザレス:立木文彦
   * モンスター:松本保典
   * 老人モンスター:長島雄一
   * 村人A:中嶋聡彦
   * 村人B:置鮎龍太郎

脚注 [編集]

  1. ^ 2000年3月末時点の出荷数。CESA調べ。
  2. ^ 2003年3月末時点。[1]
  3. ^ 2008年12月末時点。[2]
  4. ^ 「電撃オンライン」のインタビューにおける田中弘道の発言より
  5. ^ Chrono Resurrection - Project discontinued

関連項目 [編集]

   * タイムトラベル
   * ゼノギアス

外部リンク [編集]

   * ニンテンドーDS版 公式サイト

以下は、クロノトリガーのまとめサイトです。 http://fukumoto-tech.serveblog.net/wordpress/?page_id=323


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-11 (水) 01:22:19 (105d)