#author("2017-01-11T01:56:46+09:00","Group2","Group2") hidekiwiki

※以下は、自己責任でお願いします。

リソースチェックコマンド

  • uptime サーバの起動時間を確認する。
  • free -m メモリの空き状態を確認する。
  • vmstat メモリの利用状態やディスクI/Oをチェックする。
  • ps 起動時のプロセス状態を確認する。
  • netstat ネットワークの状態を確認する。
  • df HDDの状態を確認する。およびinode数を確認する。

ここから


#!/bin/bash

# 20100915 ver 1 echo '##### MEM check ' uptime;free -m;vmstat 1 2

echo '##### ps check ' ps auxwwwwwf

echo '#### network check ' netstat -ant

echo '##### disk check ' df -h

echo '##### inode check ' df -hi


ここまで


ファイルを作成し、「 chmod 777 "ファイル名" 」で実行権限を与えた後、

sh "ファイル名"

で実行。

以下は、参考までに。

活用例としてはcronで実行し、ログとして出力する。

■ メリットとしてはダウンする寸前までログとして残すので、メモリの状態プロセスの状態をログとして残すことができる。

■ デメリットとしては、ディスクを消費する。

(例) crontab -e で 処理する。1分毎に実行する。

/1 * * * * ファイル名.sh >> ログの場所"

ログが大量に出るので、ローテートの設定をすることを推奨します。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-11 (水) 01:56:46 (285d)