#author("2017-09-14T21:27:10+09:00","Group2","Group2") hidekiwiki

bind起動後にIPv6系のエラーログが多数吐き出すようになった場合の対処方法

http://fukumoto-tech.serveblog.net/wiki/image/dns_bind-190x190.png

環境 CentOS 7 64bit
■bindのバージョン bind-9.9.4-50

CentOS系の/var/log/messagesログを見ると以下のようなエラーログが多数出力されてました。


Sep 14 21:12:56 ■ named[847]: error (network unreachable) resolving 'img.i2i.jp/A/IN': 2600:9000:5307:e100::1#53
Sep 14 21:12:56 ■ named[847]: error (network unreachable) resolving 'sh.adingo.jp/A/IN': 2600:9000:5307:a00::1#53
Sep 14 21:12:56 ■ named[847]: error (network unreachable) resolving 'ds.uncn.jp/A/IN': 2600:9000:5304:d400::1#53
Sep 14 21:12:56 ■ named[847]: error (network unreachable) resolving 'ds.uncn.jp/A/IN': 2600:9000:5307:e200::1#53
Sep 14 21:12:56 ■ named[847]: error (network unreachable) resolving 'ds.uncn.jp/A/IN': 2600:9000:5301:3100::1#53

IPv6そのものを無効にしたら、上記エラーの出力が止まりました。

設定方法としては、/etc/sysconfig/namedファイルの最終行に

OPTIONS="-4"

を追加し、bindのサービスを再起動

systemctl restart named

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-14 (木) 21:27:10 (87d)