カテゴリー : ubuntu

glibc ライブラリの脆弱性 (CVE-2015-7547) について

概要
glibc ライブラリにはバッファオーバーフローの脆弱性 (CVE-2015-7547) があります。
本脆弱性を使用された場合、遠隔の第三者によって、任意のコードを実行されたり、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃が行われたりするなどの可能性があります。
対象
– glibc 2.9 およびそれ以降のバージョン

OS glibcのバージョン 影響 修正済みバージョン
RHEL(CentOS)5系 glibc-2.5 なし
RHEL(CentOS)6系 glibc-2.12 あり glibc-2.12-1.166.el6_7.7
RHEL(CentOS)7系 glibc-2.17 あり glibc-2.17-106.el7_2.4

 glibcのバージョン確認方法(アップデート前の確認)
rpm -qa | grep “glibc”

CentOS6の場合の実行結果


[root@testsever ~]# rpm -qa | grep “glibc”
glibc-2.12-1.149.el6_6.9.i686
glibc-common-2.12-1.149.el6_6.9.i686
glibc-devel-2.12-1.149.el6_6.9.i686
glibc-headers-2.12-1.149.el6_6.9.i686



glibcのアップデート方法

※実行前に、必ず影響等を考慮した上で実行してください。
     自己責任でお願いします。
yum update glibc


[root@testsever ~]# yum update glibc
読み込んだプラグイン:downloadonly, fastestmirror, priorities
更新処理の設定をしています
Determining fastest mirrors
epel/metalink | 3.4 kB 00:00
* base: ftp.iij.ad.jp
* epel: ftp.jaist.ac.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* rpmforge: ftp.riken.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
base | 3.7 kB 00:00
epel | 4.3 kB 00:00
epel/primary_db | 5.0 MB 00:21
extras | 3.4 kB 00:00
rpmforge | 1.9 kB 00:00
updates | 3.4 kB 00:00
updates/primary_db | 3.7 MB 00:10
varnish-3.0 | 951 B 00:00
依存性の解決をしています
終了していない残作業があります。それらを終了するために、まず yum-complete-transaction の実行を検討すべきかもしれません。
プログラム yum-complete-transaction は yum-utils パッケージ内で見つかりました。
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package glibc.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
–> 依存性の処理をしています: glibc = 2.12-1.149.el6_6.9 のパッケージ: glibc-devel-2.12-1.149.el6_6.9.i686
–> 依存性の処理をしています: glibc = 2.12-1.149.el6_6.9 のパッケージ: glibc-common-2.12-1.149.el6_6.9.i686
–> 依存性の処理をしています: glibc = 2.12-1.149.el6_6.9 のパッケージ: glibc-headers-2.12-1.149.el6_6.9.i686
—> Package glibc.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package glibc-common.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
—> Package glibc-common.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
—> Package glibc-devel.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
—> Package glibc-devel.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
—> Package glibc-headers.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
—> Package glibc-headers.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
–> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

==================================================================================
パッケージ アーキテクチャ バージョン リポジトリー 容量
==================================================================================
更新:
glibc i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 4.3 M
依存性関連での更新をします。:
glibc-common i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 14 M
glibc-devel i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 987 k
glibc-headers i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 623 k

トランザクションの要約
==================================================================================
アップグレード 4 パッケージ

総ダウンロード容量: 20 M
これでいいですか? [y/N]y


 glibcのバージョン確認方法(アップデート後の確認)
rpm -qa | grep “glibc”

 

反映方法
OS全体の再起動を強く推奨します。

参考サイト一覧

glibc ライブラリの脆弱性 (CVE-2015-7547) に関する注意喚起

glibc にバッファオーバーフローの脆弱性

CVE-2015-7547のRedHat/CentOS系

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Evernote と Nドライブを使ってみた。

今更ですが、Evernote と Nドライブを使ってみた。

■Evernote

Evernote

実際使ってみて、メリットしてはタグ管理、ノートで管理ができ整理がしやすい。
ただ、デメリットとしては、無料会員の場合一ヶ月60MBでは足りないと思います。
スマホ等で写真を撮って同期した場合は、すぐに60MBになってしまいます。

また、スマホや、タブレット,PCなど(Android,iPhone)等でもアプリがありインストールもできます。

自分の場合は、「毎日の支出管理などをタグをつけ、外出先で記入 → 家でもデータが確認」と便利に使ってます。
個人的には主に、テキストやpdf等のテキストを入れるスペースとして使ってます。

プレミアムユーザーなら1ヶ月1GBまで使えるので、プレミアムユーザなら長く使えると思います。
無料で利用している場合は、容量解除の日まで首を長くして待つならいいと思います。

■Nドライブ

Nドライブ
メリットしては、無料ユーザでも30GB利用でき、転送スピードがかなり早いと思います。Nドライブ.appでの自動アップロードが便利だと思います。

自分の場合は、スマホ(Android)で写真を撮るスマホ内にデータがたまる→Nドライブ
ですべての写真を自動でアップロードする

アップロードしたデータは、PCやタブレットで確認でき便利です。家の複数のPC環境でも同期が楽でいいと思います。
また、容量が大きくなかなか容量がいっぱいにならないので、すばらしい。

他のサービスでも無料ですごく便利なものがありますが、後日まとめたいと思います。

それ以外にも、いろいろなオンラインストレージを利用すれば、家のデータのバックアップを複数の拠点に置くことができ、地震やハードディスクの故障等の問題が起きてもデータのロストが防げると思います。

無料で利用でき便利だと思います。

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

ubuntuのCM動画

最近Centosのネタばかりでしたが、ubuntuも最近アツイのでubuntuネタも書きます。
ubuntuのCM動画です。

ubuntuを使ってみたいのであれば,以下URLからOSのイメージをダウンロードすることができます。
Ubuntuの入手

一度使ってみては、いかがでしょうか。

TOP
NAVER まとめ ページ



twitterのつぶやき