カテゴリー : Xperia

ネットの速度を高速化する方法

ネットの速度を速くする方法の一つとして、DNSの応答速度を早くすることにより、名前解決の速度を上げる方法がある。
有名なのが、Google Public DNS (8.8.8.8 / 8.8.4.4)などを利用している方が多いと思う。
本当に速いのか実際に検証してみた。

検証に用いてみたのが、「DNSBench」というソフトウェア。
フリーソフトです。
すべてのバージョンのWindows(XPにて実行)

Domain Name Speed Benchmark

1.ダウンロード
「GRC’s | DNS Nameserver Performance Benchmark 」から「Download Now」を選択

2.ダウンロードした「DNSBench.exe」を実行し、起動する

3.Nameservers タブを選択する。

4.Run Benchmark をクリックする。

5.ベンチマーク中には、グラフが変動します。

6.結果は、

以下キャプチャーのとおり、自宅には、キャッシュDNSが2台あるため一番高速でした。(プライベートIPのです。)
ロケーション上、当たり前ですが。

ただ、キャッシュのヒット等を考えた場合は、自宅のリゾルバよりもPublic DNSやプロバイダのDNSを使った方が応答速度が速い可能性があります。

第2位 129.250.35.250  NTT America Technical Operations
第3位 202.216.224.38  プロバイダのDNS
第4位 129.250.35.251  NTT America Technical Operations
第5位 8.8.8.8  Google Public DNS
第6位 8.8.4.4  Google Public DNS

Google Public DNSよりも、NTT America Technical OperationsのDNSを利用した方が、今回の検証では応答が速かったです。

また、iPhone,iPad、androidなどのスマートフォーンでのWiFi 接続には、DNSを適切に設定することで速度アップにつながる可能性が考えられます。
キャッシュDNSを導入するのはある程度の敷居がありますが、管理や、運用することによりメリットもあります。

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ


Xperia GXを購入しました。

Xperia GXを購入しました。

秋葉原のヨドバシカメラで予約して、行列に並びようやく購入しました。テザリングもでき、カメラの画質やレスポンスも初代のXperiaと比べ物にならないぐらい
進化してます。

にほんブログ村 IT技術ブログへ

 

Xperia GXの発売予定日が決定しました。

SO-04Dは8月2日に事前予約を開始し、発売は8月9日の予定とのことでした。
やっときた。
もともと7月発売予定だったのですが、発売日が伸びたのですね。

先月秋葉原の大手家電ショップで予約をしました。
実機もあり、触って見た感じもいいです。
初代のXperiaよりも、画面も大きく動作も速いと感じました。やはり2年間の差は大きいです。

発売まであと少しCMでも見て盛り上がってみるか。

にほんブログ村 IT技術ブログへ

 

Evernote と Nドライブを使ってみた。

今更ですが、Evernote と Nドライブを使ってみた。

■Evernote

Evernote

実際使ってみて、メリットしてはタグ管理、ノートで管理ができ整理がしやすい。
ただ、デメリットとしては、無料会員の場合一ヶ月60MBでは足りないと思います。
スマホ等で写真を撮って同期した場合は、すぐに60MBになってしまいます。

また、スマホや、タブレット,PCなど(Android,iPhone)等でもアプリがありインストールもできます。

自分の場合は、「毎日の支出管理などをタグをつけ、外出先で記入 → 家でもデータが確認」と便利に使ってます。
個人的には主に、テキストやpdf等のテキストを入れるスペースとして使ってます。

プレミアムユーザーなら1ヶ月1GBまで使えるので、プレミアムユーザなら長く使えると思います。
無料で利用している場合は、容量解除の日まで首を長くして待つならいいと思います。

■Nドライブ

Nドライブ
メリットしては、無料ユーザでも30GB利用でき、転送スピードがかなり早いと思います。Nドライブ.appでの自動アップロードが便利だと思います。

自分の場合は、スマホ(Android)で写真を撮るスマホ内にデータがたまる→Nドライブ
ですべての写真を自動でアップロードする

アップロードしたデータは、PCやタブレットで確認でき便利です。家の複数のPC環境でも同期が楽でいいと思います。
また、容量が大きくなかなか容量がいっぱいにならないので、すばらしい。

他のサービスでも無料ですごく便利なものがありますが、後日まとめたいと思います。

それ以外にも、いろいろなオンラインストレージを利用すれば、家のデータのバックアップを複数の拠点に置くことができ、地震やハードディスクの故障等の問題が起きてもデータのロストが防げると思います。

無料で利用でき便利だと思います。

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

ソニー・エリクソン、Xperiaシリーズの2011年モデルに対してAndroid 4.0へのアップデート提供を計画か?

米Googleは19日(現地時間)、香港で韓国サムスン電子と共にAndroid(アンドロイド)の次期最新バージョン、4.0(開発コード「Ice Cream Sandwich」)を発表した。現時点でAndroid 4.0が搭載されることが確定している端末は11月にリリース予定のスマートフォン「GALAXY NEXUS」のみ。

 

もちろん、Googleブランドのスマートフォンである「Nexus S」など、一部の端末におけるアップデートの提供は計画されている。

また、サムスン電子も「GALAXY S」や「GALAXY SⅡ」など一部の端末に対するアップデートの提供を予定している、とされている。当然アップデートの話は、台湾HTCや米Motorolaなども同様に検討を進めているものと考えられる。

そして国内でも人気の高い「Xperia」シリーズを手掛ける英ソニー・エリクソンの動向も見えてきた。

同社のオランダ支社はFacebook上の公式ページにおいて、Xperiaシリーズの2011年モデルに対してAndroid 4.0へのアップデートの提供を計画しているとコメントした。米ガジェットニュースメディアEngadgetが伝えた。あわせてEngadgetは、同社に対する問い合わせを行い、同様のコメントを入手したと報じている。

やはり同社は2011年モデルのXperiaシリーズ・スマートフォンに対して新バージョンへのアップデートを計画している、という。ただし、公式なアナウンスはソニー・エリクソンの公式ブログにおいて行われる予定。現時点でのコメントはあくまでも参考程度にとどめておく部類のもの。

Androidの普及が進み始めてから1年以上が経過し、OSのアップデートに関する端末メーカー各社の取り組みの傾向も見えてきている。おそらく、Android市場における有力メーカーは、できるだけアップデートの提供準備をするはずだ。

一方の国内メーカーに関しては現時点では不透明だが、少なくともシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE 104SH」(ソフトバンクモバイル向け)はAndroid 4.0を搭載して発売される見込みだ。他メーカーも来春以降にリリースするモデルではAndroid 4.0の採用事例が増えてきそうだ。

【情報元、参考リンク】

Sony Ericsson bringing Ice Cream Sandwich to Xperia handsets?

にほんブログ村 IT技術ブログへ

TOP