概要
glibc ライブラリにはバッファオーバーフローの脆弱性 (CVE-2015-7547) があります。
本脆弱性を使用された場合、遠隔の第三者によって、任意のコードを実行されたり、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃が行われたりするなどの可能性があります。
対象
– glibc 2.9 およびそれ以降のバージョン

OS glibcのバージョン 影響 修正済みバージョン
RHEL(CentOS)5系 glibc-2.5 なし
RHEL(CentOS)6系 glibc-2.12 あり glibc-2.12-1.166.el6_7.7
RHEL(CentOS)7系 glibc-2.17 あり glibc-2.17-106.el7_2.4

 glibcのバージョン確認方法(アップデート前の確認)
rpm -qa | grep “glibc”

CentOS6の場合の実行結果


[root@testsever ~]# rpm -qa | grep “glibc”
glibc-2.12-1.149.el6_6.9.i686
glibc-common-2.12-1.149.el6_6.9.i686
glibc-devel-2.12-1.149.el6_6.9.i686
glibc-headers-2.12-1.149.el6_6.9.i686



glibcのアップデート方法

※実行前に、必ず影響等を考慮した上で実行してください。
     自己責任でお願いします。
yum update glibc


[root@testsever ~]# yum update glibc
読み込んだプラグイン:downloadonly, fastestmirror, priorities
更新処理の設定をしています
Determining fastest mirrors
epel/metalink | 3.4 kB 00:00
* base: ftp.iij.ad.jp
* epel: ftp.jaist.ac.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* rpmforge: ftp.riken.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
base | 3.7 kB 00:00
epel | 4.3 kB 00:00
epel/primary_db | 5.0 MB 00:21
extras | 3.4 kB 00:00
rpmforge | 1.9 kB 00:00
updates | 3.4 kB 00:00
updates/primary_db | 3.7 MB 00:10
varnish-3.0 | 951 B 00:00
依存性の解決をしています
終了していない残作業があります。それらを終了するために、まず yum-complete-transaction の実行を検討すべきかもしれません。
プログラム yum-complete-transaction は yum-utils パッケージ内で見つかりました。
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package glibc.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
–> 依存性の処理をしています: glibc = 2.12-1.149.el6_6.9 のパッケージ: glibc-devel-2.12-1.149.el6_6.9.i686
–> 依存性の処理をしています: glibc = 2.12-1.149.el6_6.9 のパッケージ: glibc-common-2.12-1.149.el6_6.9.i686
–> 依存性の処理をしています: glibc = 2.12-1.149.el6_6.9 のパッケージ: glibc-headers-2.12-1.149.el6_6.9.i686
—> Package glibc.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package glibc-common.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
—> Package glibc-common.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
—> Package glibc-devel.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
—> Package glibc-devel.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
—> Package glibc-headers.i686 0:2.12-1.149.el6_6.9 will be 更新
—> Package glibc-headers.i686 0:2.12-1.166.el6_7.7 will be an update
–> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

==================================================================================
パッケージ アーキテクチャ バージョン リポジトリー 容量
==================================================================================
更新:
glibc i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 4.3 M
依存性関連での更新をします。:
glibc-common i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 14 M
glibc-devel i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 987 k
glibc-headers i686 2.12-1.166.el6_7.7 updates 623 k

トランザクションの要約
==================================================================================
アップグレード 4 パッケージ

総ダウンロード容量: 20 M
これでいいですか? [y/N]y


 glibcのバージョン確認方法(アップデート後の確認)
rpm -qa | grep “glibc”

 

反映方法
OS全体の再起動を強く推奨します。

参考サイト一覧

glibc ライブラリの脆弱性 (CVE-2015-7547) に関する注意喚起

glibc にバッファオーバーフローの脆弱性

CVE-2015-7547のRedHat/CentOS系

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

人気の記事: