調査会社 Net Applications による Web ブラウザの市場シェアに関する最新統計によると、Microsoft の『Internet Explorer』(IE) のシェアが4月も減少を続け、わずかとはいえ初めて60%を割り込んだという。

IE の世界市場シェアは、前月の60.65%から4月に59.95%となった。下げ幅は0.7ポイント程度だったが、60%を割り込んだということは、印象を 覆す心理的障壁を跨ぎかねない状況だ。

Net Application でマーケティング担当エグゼクティブ バイスプレジデントを務める Vince Vizzacarro 氏は、IE の市場シェアが60%に達しなかったことは大きいが、少なくとも現時点では、必ずしも問題の前兆ではないとの見解を示した。

「Microsoft は常にシェアを失ってきた。(中略) しかし大きな心理的障壁となる水準は50%だ」

実際のところ、IE の市場シェアは2009年に約7ポイント減少している。IE のシェアが回復する可能性はまだあるが、この下落傾向はシェア50%に達する勢いで続いている。

また Net Applications によれば、4月に IE の市場シェアを単独で奪った競合ブラウザは存在しないという。

たとえば、『Firefox』のシェアは24.59%となり、前月に比べてわずか0.07ポイントの増加に留まっている。『Chrome』のシェアはもっ と伸びたが、大幅な伸びではなく、前月比で0.6ポイント増の6.73%だった。

人気の記事: