想像もつかない過酷な3日間を過ごしたはずなのに、この明るく「再建しましょう」には
感動と尊敬を覚えました。

人気の記事: