環境 CentOS 7 64bit
■bindのバージョン bind-9.9.4-50

CentOS系の/var/log/messagesログを見ると以下のようなエラーログが多数出力されてました。


Sep 14 21:12:56 ■ named[847]: error (network unreachable) resolving 'img.i2i.jp/A/IN': 2600:9000:5307:e100::1#53
Sep 14 21:12:56 ■ named[847]: error (network unreachable) resolving 'sh.adingo.jp/A/IN': 2600:9000:5307:a00::1#53
Sep 14 21:12:56 ■ named[847]: error (network unreachable) resolving 'ds.uncn.jp/A/IN': 2600:9000:5304:d400::1#53
Sep 14 21:12:56 ■ named[847]: error (network unreachable) resolving 'ds.uncn.jp/A/IN': 2600:9000:5307:e200::1#53
Sep 14 21:12:56 ■ named[847]: error (network unreachable) resolving 'ds.uncn.jp/A/IN': 2600:9000:5301:3100::1#53

IPv6そのものを無効にしたら、上記エラーの出力が止まりました。

設定方法としては、/etc/sysconfig/namedファイルの最終行に

OPTIONS="-4"

を追加し、bindのサービスを再起動

systemctl restart named